見守り重視へ 促進策、政府が利用見直し2016年12月27日 06:22

成年後見制度
見守り重視へ 促進策、政府が利用見直し
毎日新聞 2016年12月20日

認知症や障害により判断能力が不十分な人の権利を守るため、成年後見制度の利用促進策を検討していた政府の有識者委員会は20日、計画の原案をまとめた。財産管理に偏りがちだった後見制度の利用を、本人の意思決定支援や見守りの重視へと転換を図る。政府は原案を基に利用促進計画を策定し、年度内に閣議決定する。

 認知症高齢者や地域で暮らす障害者が増え、意思決定を支援する成年後見制度の必要性は高まっているが、普及していない。このため有識者委員会では、全国どこでも制度を使えるようにするとともに、利用者本人がメリットを実感できる改善策を検討してきた。

 原案では、制度利用の必要な人を早期に見つけ、適切な利用につなげるため、市町村に対し、相談機能の充実を求めた。また従来の保健や医療、福祉関係者だけでなく、新たに司法も含めた連携の仕組みを、地域に構築する必要があると指摘。連携を推進するため、各市町村に中核的な機関を設置することを盛り込んだ。
 また、後見人だけに任せるのではなく、親族や福祉、地域の関係者らがチームとして本人にかかわることも進める。複数の目で見守ることで、きめ細かな対応ができるとともに、財産の横領など不正の防止にもつながるとしている。
 政府の計画を受け、市町村ごとの利用促進計画が策定される見込み。【有田浩子、山田泰蔵】

http://mainichi.jp/articles/20161221/k00/00m/040/099000c

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tubasa.asablo.jp/blog/2016/12/27/8294981/tb